1人210万、団体29億=チッソが患者に支払い−水俣病未認定訴訟で和解案・熊本(時事通信)

 水俣病の未認定患者団体「水俣病不知火患者会」(熊本県水俣市)の患者らが国や県、原因企業チッソに損害賠償を求めた訴訟で、熊本地裁(高橋亮介裁判長)は15日、チッソが患者1人当たり一時金210万円、同患者会に対する団体加算金29億5000万円を支払うとする和解案を示した。
 認定方法については、原告、被告が人選した有識者による第三者委員会をつくり、同委員会が判定するとした。 

【関連ニュース】
関東の水俣病未認定患者が提訴=国などに賠償請求
水俣病、救済対象者を拡大=和解協議で提案
新潟水俣病訴訟、和解協議へ=国側と話し合う意向
水俣病、東京でも提訴へ=国など相手に2月にも
水俣病未認定訴訟で和解勧告=原告と国、主張に隔たり

<前原国交相>4党案に修正必要の考え示す 国労不採用問題(毎日新聞)
<診療報酬詐取>元院長に懲役6年6月判決…地裁沼津支部(毎日新聞)
ラ・マンチャのワイン 品質で世界競争力向上(産経新聞)
ケージ、すき間だらけ=新たに142カ所−構造上の問題か・環境省(時事通信)
“ミスター年金”事務所視察で指示連発(読売新聞)
[PR]
by z0vtisrjm1 | 2010-03-16 18:06


<< 小麦生産、倍増の180万トンに... <群馬4人死亡火災>焼け跡から... >>