女性盗撮の巡査を停職3カ月=「数十回やった」―千葉県警(時事通信)

 千葉県習志野市の書店で女性がスカート内を盗撮された事件で、千葉区検は16日、県迷惑防止条例違反罪で、県警警察学校巡査佐藤庸喜容疑者(24)を略式起訴した。千葉簡裁は罰金50万円の略式命令を出し、即日納付された。一方、県警監察官室は停職3カ月の懲戒処分にし、佐藤容疑者は同日依願退職した。
 同室によると、佐藤容疑者は「以前から女性の下着に興味があり、2年前から盗撮を始めた」とし、4月に県警に採用された後も続け、「休みの日に数十回やった」と話しているという。 

【関連ニュース】
市民病院副部長を再逮捕=女児診察中、裸撮影の疑い
痴漢容疑で自衛官逮捕=電車で女子高生触る
盗撮容疑で准教授逮捕=女子中生スカートにカメラ
ストーカー容疑で金沢市職員逮捕=6〜7年つきまとい盗撮
警部が物損事故隠ぺい=「当て逃げされた」と虚偽申告

地域と交流 広がる「声の学校」 夫婦ユニットJ&O 27日 大阪でライブ(産経新聞)
企業・団体献金全面禁止、与野党で協議を(読売新聞)
<COPD>慢性肺疾患で有識者検討会が初会合 厚労省(毎日新聞)
「ただ乗り」させぬ仕組みを 大阪市生活保護外国人1万人突破(産経新聞)
甲子園トラブル メガホン強打「容認できぬ」(産経新聞)
[PR]
by z0vtisrjm1 | 2010-06-19 04:45


生活保護費詐取事件 元代表、名... >>