車内に覚せい剤、起訴の男性に無罪判決(読売新聞)

 車内に覚せい剤を隠し持っていたとして、覚せい剤取締法違反(所持)の罪に問われた北九州市の無職男性(36)の判決が26日、名古屋地裁であり、村瀬賢裕裁判官は無罪(求刑・懲役3年6月)を言い渡した。

 男性は、2008年9月、名古屋市南区の乗用車で覚せい剤約0・03グラムを所持したとして起訴された。

 男性は「職務質問を受けて逃げた間に、警察官や第三者が車内に置いた」と無罪を主張し、判決は「男性以外が車内に置いた可能性を否定できず、覚せい剤を所持したとまでは言えない」と判断した。

参院代表質問 「戦って」発言で首相「検察への圧力ではない」(産経新聞)
だんじり横転事故で3人を書類送検 大阪・富田林署(産経新聞)
<花粉>飛散、1週間ほど早く…東・北日本 環境省予測(毎日新聞)
2次補正が衆院通過=28日成立の公算(時事通信)
<カンザキハナナ>琵琶湖見渡し1万2000本(毎日新聞)
[PR]
by z0vtisrjm1 | 2010-01-28 20:02


<< 仲間の2少年 窃盗容疑で逮捕 ... 稲嶺氏当選、基地固定化も現実味... >>