覚せい剤2・5キロ、MDMA2000錠も(読売新聞)

 神奈川、埼玉両県警の合同捜査本部は、横浜市南区のマンションに覚せい剤約2・5キロ(末端価格1億5000万円相当)を隠し持っていた、中国籍で住所不定、自称飲食店経営の陳増雄容疑者(33)を覚せい剤取締法違反(営利目的所持)容疑などで現行犯逮捕したと30日、発表した。

 発表によると、陳容疑者は29日、同市南区の立ち寄り先のマンションで、覚せい剤と乾燥大麻(約15・5グラム)を密売目的で所持していた疑い。同市中区のマンションなど、関連先5か所からは合成麻薬MDMAとみられる錠剤約2000錠なども見つかり、捜査本部は同日、中区のマンションに住む飲食店員翁云芳容疑者(25)ら中国人3人を同法違反(共同所持)容疑で現行犯逮捕した。

 捜査本部は、陳容疑者が中国から大量の覚せい剤を密輸し、同市で取引しているとの情報を入手して昨年から捜査し、29日、同市南区で陳容疑者を見つけた。

<広島市長>オバマ大統領の訪問の意思、確認できてうれしい(毎日新聞)
昏睡強盗容疑で中国人逮捕=付近で被害1億8500万−警視庁(時事通信)
09年度2次補正、28日成立へ(時事通信)
【新・関西笑談】火を噴くアーティスト(4)現代美術作家 ヤノベケンジさん(産経新聞)
「まんがランド」を家宅捜索 千葉県警(産経新聞)
[PR]
by z0vtisrjm1 | 2010-02-02 06:55


<< 【中医協】NICUの退院調整加... 奈良高校で南極観測隊直結のテレ... >>