漁船銃撃で露側に厳重抗議 政府(産経新聞)

 平野博文官房長官は1日午前の記者会見で、北方四島・国後島沖で日本の漁船2隻がロシア国境警備局から銃撃を受けた事件について、日本政府が再発防止を含めて露側に厳重抗議を行ったことを明らかにした。平野氏は「人命の損失につながりかねない不適切な対応だ」と述べた。

 抗議は1月30日、上月豊久駐露臨時代理大使が露外務省アジア局長に口頭で行った。抗議では銃撃行為が北方四島周辺での安全操業を定めた協定の趣旨をないがしろにするとも指摘した。

 平野氏は日露双方の主張に相違がある点については「今、徹底して調査・検証をしている」と述べた。

【関連記事】
「銃撃のこと言えなかった」…国後沖で操業の乗組員
ロシアが警告射撃認める 国境警備隊、破壊目的も
漁船2隻に銃撃痕20カ所 国後沖で露・警備隊が照明弾発射
銃撃拿捕漁船の保険金訴訟 保険組合が請求棄却求める
没収船の保険金求め提訴 銃撃拿捕の第31吉進丸船長ら

南極観測隊 同行教諭、昭和基地から理科の授業(毎日新聞)
充電器マルチ NPO運営、信用高める 逮捕の幹部ら 被災者支援PR(産経新聞)
「現地の人の痛み軽減できた」=緊急援助隊医療チームが帰国−ハイチ地震(時事通信)
学生音コン 入賞者演奏会と表彰式 東京大会(毎日新聞)
「仕事評価されず恨み」=勤務先データ2万件削除−元社員逮捕・警視庁(時事通信)
[PR]
by z0vtisrjm1 | 2010-02-04 04:18


<< 埼玉など連続不審死、女を殺人容... 【中医協】NICUの退院調整加... >>