捕鯨妨害で船籍国に対応要求=外務省(時事通信)

 外務省は12日、米国の反捕鯨団体「シー・シェパード」が南極海で日本の調査捕鯨船に薬品を投げ込むなどして乗組員が軽傷を負ったことを受け、同団体の船舶の船籍国であるオランダ、トーゴ両国に対し、厳重な取り締まりと再発防止の徹底を外交ルートで要求した。
 同省によると、投げ込まれたのは皮膚を刺激する化学物質「酪酸」で、乗組員は顔に軽いやけどをしたという。岡田克也外相は同日の記者会見で「放置できない。こういう状況が続くことは遺憾だ」と強く非難。船籍国以外の同団体の関係国にも幅広く対策を促していく考えを示した。 

首相、解党時の寄付禁止に前向き=辞職決議「議論の必要ない」−衆院予算委(時事通信)
小沢幹事長 「政治塾」の冬季講義始まる 60人が参加(毎日新聞)
殺人時効、54.9%が「短い」=死刑容認は増加−内閣府調査(時事通信)
「大阪は生活保護受けやすい」他の自治体勧める(読売新聞)
政権再浮上、険しい道…危機感薄い官邸(読売新聞)
[PR]
by z0vtisrjm1 | 2010-02-14 20:34


<< <鳩山首相>小沢、石川氏に「説... 「幻のチョコレート」日本初上陸... >>