<   2010年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

山手線外回り、運転再開=JR東(時事通信)

 JR東日本によると、山手線外回りは23日午後9時すぎ、運転を再開した。 

スタチン系6成分などの添付文書改訂を指示―厚労省(医療介護CBニュース)
渋谷の温泉施設爆発、施工担当ら2人在宅起訴(読売新聞)
名古屋市議会 減税条例修正案を可決 市長と全面対決に (毎日新聞)
女児にわいせつ行為、米国人の69歳男起訴(読売新聞)
吹き矢フッ!で健康に、愛好者じわり広がる(読売新聞)
[PR]
by z0vtisrjm1 | 2010-03-30 01:18

夕映えの二上山と西方浄土(産経新聞)

【麗し大和】(12)

 夕日の向こうは西方浄土。人々がそう信じたのも無理はない。空をあかね色に染めた美しい二上山(にじょうざん)の落日は、この世で見る浄土の眺めそのものだったろう。

 山と自然が織りなす景勝美は、今も昔も人々が奈良にひかれる理由の一つだ。古来、国中(くんなか)と呼ばれた奈良盆地に立つと、朝日が昇る東に三輪山、夕日の沈む西にはちょうど二上山が見え、その配置の妙に古代信仰の一端を見る気がする。春分の日が近づいたこの日、撮影スポットで知られる三輪山麓(さんろく)の檜原(ひばら)神社(大神神社の摂社)では多くの人が日没を待っていた。

 二上山を「生の世界と死の世界をわける結界」といったのは作家の五木寛之氏。山を越えるとそこは聖徳太子ゆかりの大阪・太子町で、古代陵墓や古墳群がひしめく。大和の人々にとって、文字通り山の向こうは“死者の国”だった。近著「親鸞(しんらん)」では聖に「二上山のかなたに沈む夕日をながめれば、きっと理屈でない浄土がわかるだろう」と語らせていて興味深い。

 実際、二上山雄岳(おだけ)の頂上近くには墓がある。謀反の罪で死んだ悲劇の皇子、大津皇子(おおつのみこ)とされ、姉、大伯皇女(おおくのひめみこ)の歌が有名だ。

 うつそみの人なる我や明日よりは二上山(ふたかみやま)を弟(いろせ)と我(あ)が見む(万葉集)

 近しい人を亡くした悲しみは、時を選ばず忍び寄る。皇女にとってどこからも見える山こそが弟をしのぶよすが。夕映えの二上山はまさしくこころの浄土だったろう。

文 山上直子

【関連記事】
芭蕉の句は「氷の僧」か「こもりの僧」か 
梅香る南朝の夢の跡 賀名生梅林
女人禁制と「青衣の女人」 
聖なる舞台「お水取り」 東大寺
雪の室生寺と土門拳 執念で撮った雪景色
20年後、日本はありますか?

北教組起訴 黙秘続ける長田、木村両被告 裁判でも徹底抗戦か(産経新聞)
【新・関西笑談】「経済」を語ろう。(2)俳優 國村隼さん(産経新聞)
住宅全焼、1人死亡=18歳女性か、2人けが−東京(時事通信)
【風】「やる気あれば学力身につく」(産経新聞)
江戸川で瞬間風速35メートル…東京で暴風(読売新聞)
[PR]
by z0vtisrjm1 | 2010-03-27 17:14

密約文書紛失で調査委=有識者交え、実態解明(時事通信)

 岡田克也外相は23日午後の記者会見で、核持ち込みなどの日米間の「密約」関連文書が破棄された可能性がある問題について、「外部の人も入った第三者的な委員会をつくり、外相、副大臣が話を聞いたり調べることが必要だ」と述べ、事実関係を解明するため、外部の有識者も交えた委員会を設置する考えを明らかにした。 

センバツ 向陽…伝統の左腕擁した古豪 OB前に堂々復活(毎日新聞)
<雑記帳>カバの「龍馬」、鹿児島へ(毎日新聞)
<転落>橋から2人が川に 30代女性が不明 名古屋市(毎日新聞)
<雑記帳>「工学博士号取得世界最高齢」ギネス申請(毎日新聞)
白バイ追跡で激突のバイク男性が死亡 東京・足立区(産経新聞)
[PR]
by z0vtisrjm1 | 2010-03-26 10:40

普天間移設 政府案、非公表 「先送り」批判、かわす狙いか(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は17日夜、3月中のとりまとめを公言してきた米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設先の政府案に関し、「交渉に影響するので公表するかは慎重に考えないといけない」と述べ、決定後もしばらく公表しない考えを表明した。実際には政府案決定が4月にずれ込む公算が大きくなっており、「非公表」にすることで「先送り」批判をかわす狙いがあるとみられる。(加納宏幸)

 首相官邸で記者団に語った。首相は、カナダで29、30の両日に開かれる主要国(G8)外相会合に合わせた日米外相会談で政府案を提示する可能性について「私が(岡田克也外相に)諮る話ではない」と否定。平野博文官房長官も17日の記者会見で「今の状況では(提示することに)ならない。政府のベース案がそこでしっかりしたものにはならない」と説明した。

 首相は今月4日、「3月過ぎても決まらないというようなことでは最終的に時間が足りなくなる。当然、3月中のいずれかの時点では政府の考え方をまとめなければいけない」と述べ、3月中の政府案決定を公言した。にもかかわらず外相会談で政府案を提示できないのは政府内での調整が難航しているのに加え、米側が米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)に移設する現行案の履行をなお求めていることが大きい。

 政府は現在、シュワブ陸上部に1500メートル規模の滑走路を造るか500メートル級のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)を建設する陸上案を軸に調整している。また、政府・与党の沖縄基地問題検討委員会の委員長を務める平野氏は米軍ホワイトビーチ(同県うるま市)と沖合の津堅島の間を埋め立てる案を腹案として検討。徳之島(鹿児島県)への移設案も浮上する。

 だが、社民党は米領グアムなどに全面移設する国外移設の旗を降ろしていない。国民新党も15年後の海兵隊撤退を前提にした陸上案に加え、米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)統合案を提唱。与党3党の足並みをそろえるのは困難な情勢に追い込まれている。

 しかも、米政府は日米合意に基づく現行案が「最善」との立場を崩しておらず、日本政府内で次々に案が浮上する現状に不信感を強めている。キャンベル国務次官補が訪日を延期したのも移設問題に進展が望めないためとされる。

 首相は4月12、13日の核安全保障サミットに合わせてオバマ米大統領と会談し、政府案を打診するシナリオを描いていた。これが「3月とりまとめ」を公言する動機となったようだが、米側は「時間稼ぎ」の口実にされることを嫌い、首脳会談に難色を示す。会談が実現しても短時間で終わり、普天間問題を議題にしない公算が大きい。

 「3月いっぱいにまとめていきたい。その方向で平野長官が中心に努力している」

 首相は17日もこう大見えを切ったが、もはや政府案決定を急ぐ理由は消えてしまった。加えて残り2週間で米国、沖縄、連立与党がともに納得する案をまとめるのは絶望的な状況となった。「非公表」は混乱を避けるための「予防線」といえるが、「決めたけど言わない」といつまで強弁できるというのか。

日医連 自民への献金凍結(産経新聞)
2次元児童ポルノ規制で橋下知事「大阪府も検討」(産経新聞)
中学の教室でいじめ撮影?動画サイトに投稿(読売新聞)
【from Editor】85歳の熱い魂(産経新聞)
不正アクセス容疑 芸能人445人分のID“公開” 逮捕(毎日新聞)
[PR]
by z0vtisrjm1 | 2010-03-24 04:13

<北海道8区>佐藤健治被告、5年間立候補禁止が確定(毎日新聞)

 昨年8月の衆院選で北海道8区から立候補、落選した佐藤健治被告(52)=公選法違反(買収など)の罪で起訴=陣営の選挙違反事件で、佐藤被告が連座制の適用除外を求める行政訴訟を起こさなかったため、同区から5年間立候補できないことが15日までに確定した。

 連座制適用対象の出納責任者が佐藤被告と共謀し、運動員8人に票の取りまとめの報酬計200万円を渡したとして、懲役1年6月、執行猶予5年の有罪が確定していた。佐藤被告は25日に判決が言い渡される。【佐藤心哉】

【関連ニュース】
北教組事件:会計書類一部処分か 地検が捜索、見つからず
北教組事件:小林千議員に進退論も「次々と大波」
小林氏陣営違法献金:北教組幹部ら4人逮捕 札幌地検
小林千代美議員:北教組が1600万円違法献金の疑い
公選法違反:武山百合子元議員に有罪判決…さいたま地裁

【大阪万博40年 熱狂が残したもの】(下)元気なDNA伝えたい(産経新聞)
事前面接解禁を削除=派遣法案で政府・与党が合意(時事通信)
振り込めグループにも携帯貸す=本人確認せず、経営者ら再逮捕−警視庁(時事通信)
「社会保障への注力で平和に」―日医・唐澤会長(医療介護CBニュース)
鳩山首相「弟は弟だ」 連携の考えなし(産経新聞)
[PR]
by z0vtisrjm1 | 2010-03-19 15:26

小麦生産、倍増の180万トンに=20年度目標−農水省(時事通信)

 農林水産省は11日、10年後の2020年度の主要農産物の国内生産目標を固めた。輸入品が9割超を占める小麦は、北関東、西日本を中心にコメとの二毛作を拡大するほか品種改良も進め、08年度の2倍に当たる180万トンとする。農産物ごとの目標は、農業政策運営の基本指針として月内に策定する「食料・農業・農村基本計画」に反映する。
 また、パンやめん類の原料に使う米粉用米と飼料用米の生産目標は、合計120万トン。用途に適した品種の増産や貯蔵施設の整備を通じ、08年度の1万トンから大幅な上積みを図る。
 今回の基本計画では、食料生産のうち国産でまかなっている比率を示す食料自給率(供給熱量基準)を、08年度の41%から20年度に50%に引き上げる方針。その一環として、輸入小麦から国産小麦と米粉への転換を進める考えだ。 

【関連ニュース】
商品取引所、システム統合へ=合併論も浮上
最大の支援はアフガン産品購入=農産物市場の開拓切望
中村新長崎知事が就任会見=「責任重大と実感」
鳩山首相、27日に高知訪問
輸入小麦、4月から5%値下げ=高騰前の水準に

陛下、東ティモール大統領と会見(時事通信)
大津波警報、「適切」6割=意識高いが怖さ過小評価−東大(時事通信)
献金知らない、火の車…小林千代美議員ちぐはぐ説明(読売新聞)
<診療報酬詐取>元院長に懲役6年6月判決…地裁沼津支部(毎日新聞)
山口彊さん偲ぶ会 長崎で非核平和の誓い新たに(毎日新聞)
[PR]
by z0vtisrjm1 | 2010-03-18 02:06

1人210万、団体29億=チッソが患者に支払い−水俣病未認定訴訟で和解案・熊本(時事通信)

 水俣病の未認定患者団体「水俣病不知火患者会」(熊本県水俣市)の患者らが国や県、原因企業チッソに損害賠償を求めた訴訟で、熊本地裁(高橋亮介裁判長)は15日、チッソが患者1人当たり一時金210万円、同患者会に対する団体加算金29億5000万円を支払うとする和解案を示した。
 認定方法については、原告、被告が人選した有識者による第三者委員会をつくり、同委員会が判定するとした。 

【関連ニュース】
関東の水俣病未認定患者が提訴=国などに賠償請求
水俣病、救済対象者を拡大=和解協議で提案
新潟水俣病訴訟、和解協議へ=国側と話し合う意向
水俣病、東京でも提訴へ=国など相手に2月にも
水俣病未認定訴訟で和解勧告=原告と国、主張に隔たり

<前原国交相>4党案に修正必要の考え示す 国労不採用問題(毎日新聞)
<診療報酬詐取>元院長に懲役6年6月判決…地裁沼津支部(毎日新聞)
ラ・マンチャのワイン 品質で世界競争力向上(産経新聞)
ケージ、すき間だらけ=新たに142カ所−構造上の問題か・環境省(時事通信)
“ミスター年金”事務所視察で指示連発(読売新聞)
[PR]
by z0vtisrjm1 | 2010-03-16 18:06

<群馬4人死亡火災>焼け跡から拳銃発見 2人撃たれた跡(毎日新聞)

 5日午前9時10分ごろ、群馬県伊勢崎市境(さかい)保泉(ほずみ)、石材業、藤生(ふじう)一郎さん(53)方の木造2階建て住宅から出火、焼け跡から3人の遺体が見つかり、長女早織さん(24)も病院に運ばれたが死亡した。県警境署によると、早織さんと若い男性の遺体の胸に銃で撃たれたような跡が複数あり、別の2人の遺体が見つかった1階8畳間で拳銃のような物が見つかった。外部から侵入された形跡は見つかっておらず、同署は火災の経緯を調べている。

【事件の一報】火災:住宅全焼 家族4人が死亡か 群馬・伊勢崎

 同署などによると、藤生さんは妻啓子さん(53)と長男裕介さん(26)、早織さんの4人暮らし。燃え方が激しい1階南側の8畳間で2人、2階南側の12畳間で若い男性、2階北側の6畳間で早織さんが、いずれもベッドの上に横たわった状態で見つかった。早織さんを除く3人の遺体は連絡の取れない藤生さんら家族とみて身元確認を急いでいる。現場は東武伊勢崎線剛志駅の北西約200メートルの住宅と畑が点在する地域。【鳥井真平】

【関連ニュース】
火災:早朝、福岡名所の博多川端商店街で9店舗焼く
火災:高校生が4歳児救出 排水管から2階へ
火災:犬小屋全焼、70匹が焼死 奈良
火災:2幼児死亡 「中に子供」叫ぶ母 東京・練馬

沖縄の理解なしに決めぬ=普天間移設先−鳩山首相(時事通信)
<遭難>73歳男性ら4人迷う 宮城・山形の船形山(毎日新聞)
日本イーライリリー、売上高1千億円突破(医療介護CBニュース)
カラフル野菜でヒット狙う 「新しい彩りで食卓をより楽しく」(産経新聞)
首相動静(3月5日)(時事通信)
[PR]
by z0vtisrjm1 | 2010-03-11 23:24

ホッキョクグマ 15万年前に祖先 地球環境の激変に適用(毎日新聞)

 ホッキョクグマの祖先が約15万年前に存在していたことを、米ペンシルベニア州立大など欧米の研究チームが突き止めた。その後の暖かい時期である「間氷期」と極地の平均気温が10度近く下がった「氷期」をそれぞれ生き抜いたことになる。ホッキョクグマは地球温暖化の影響で絶滅が懸念されているが、環境変化に高い適応力を持つことを示している。米科学アカデミー紀要(電子版)に発表した。

【ホッキョクグマ写真特集】温暖化で激減 写真家、丹葉さんが見た絶滅の危機

 04年、アイスランドの地質学者が、ノルウェー・スバールバル諸島の地層からホッキョクグマのあご骨と犬歯を発見。研究チームは化石に残された遺伝子と、米アラスカ州に生息するホッキョクグマ2頭とヒグマ4頭の遺伝子を比較解析した。その結果、氷期だった約15万2000年前にヒグマとホッキョクグマの共通の祖先から枝分かれし、最後の間氷期が始まる直前の約13万4000年前には現在のホッキョクグマに近い形で存在していたことが分かった。

 間氷期の中で最も暖かかった約12万年前には、極地の気温は現在より3〜5度高く、約1万年前に終わった氷期では逆に数度低かったと推定されている。研究チームは「ホッキョクグマは過去の激しい環境変化に適応してきたが、次第に活動範囲は狭まっている。現在の温暖化に対応できるのか調べたい」としている。【田中泰義】

【関連ニュース】
【ホッキョクグマ写真特集】氷とともに生きる種族 人間の欲に脅かされ
ホッキョクグマ:さよならママ 双子の送別会
【写真で見る】ホッキョクグマ かわいい双子の赤ちゃん
そらべあ基金:温暖化防ごう 太陽光発電システム、小林の「まがた保育園」に /宮崎
注目DVD紹介:「クヌート」 世界を魅了したホッキョクグマ 名もなきクマの成長も

シャチに5億円!博物館から水族館へ国内で異例の譲渡(スポーツ報知)
<行政刷新会議>民間議員に吉川広和氏内定(毎日新聞)
愛子さま、早くお元気に=鳩山首相(時事通信)
前田日明氏の公認一転見送り!民主参院選1次候補(スポーツ報知)
憲法改正の論点整理 自民推進本部が発表(産経新聞)
[PR]
by z0vtisrjm1 | 2010-03-10 13:49

19億円脱税容疑で公認会計士を起訴 GWG脱税事件(産経新聞)

 人材派遣大手の旧グッドウィル・グループ(GWG)による人材派遣会社の買収をめぐる脱税事件で、東京地検特捜部は3日、約19億円を脱税したとして、法人税法違反罪で、公認会計士でファンド運営会社「コリンシアンパートナーズ」元社長、中村(旧姓中沢)秀夫容疑者(52)を起訴した。

 起訴状などによると、中村被告は後任の代表である鬼頭和孝被告(35)=同法違反罪などで起訴=と共謀。GWGによる人材派遣大手「クリスタル」の買収仲介で得た所得の一部を過少計上するなどの手口で、平成20年4月期の所得約64億5400万円を隠し、法人税19億3600万円を脱税したとされる。

 中村被告は昨年7月に海外に逃亡したが、同年12月に韓国で拘束。特捜部は今年2月に韓国当局から身柄の引き渡しを受け、逮捕した。

【関連記事】
犯人隠避で姉弟ら逮捕 GWG買収仲介脱税事件で
逃亡の会計士、韓国から移送され逮捕 GWG企業買収の脱税容疑
GWG子会社元会長に実刑
7500万円脱税、ファンド運営元代表を追起訴
GWG株インサイダー事件 子会社元会長が起訴内容認める 
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

コーヒーからポリフェノール 心だけでなく体も癒やす(産経新聞)
<松田参院議員>自民に離党届、元秘書が民主で出馬(毎日新聞)
いざ!宇宙へ なでしこ飛行士・山崎さん、フロリダに到着(産経新聞)
<消防ホース破裂>体験学習中の中1が入院 さいたま市(毎日新聞)
<放送法>改正案を閣議決定 通信と放送の融合を推進(毎日新聞)
[PR]
by z0vtisrjm1 | 2010-03-09 02:15